熊本市の葬儀の会員制度と互助会制度について

葬儀の会員制度と互助会制度

最近では、「家族葬」や「一日葬」などの言葉も広まり、少人数であまり費用を掛けない葬儀の形態が増えてまいりました。それでも、80万円~180万円近くの費用がかかるため、いざという時に葬儀の費用をしはらうことができるか不安を抱く方も多くいらっしゃるかと思います。

このような不安を払拭する為に、葬儀社では「互助会制度」や「会員制度」などがあります。今回は、その「互助会制度」と「会員制度」について詳しくご紹介いたします。

互助会とは?

 互助会とは、葬儀や結婚式などの冠婚葬祭に備えて毎月お金の積み立てが行える組織のことです。共済や保険と似ていますが、それらと異なるのは、積み立てた金額を現金ではなく、契約額に応じたサービスで受け取るという点です。

入会のメリットは?

 葬儀の際、積立金の中から葬儀費用を一部補填することができるので、いざという時の安心感があります。また、結婚式や仏壇の購入時にも積立金を利用することができます。さらには、飯田市の互助会制度を活用すれば、旅行先やレストランなどで割引サービスを受けられたりすることもできます。会員だけでなく互助会制度に入っていることで家族がサービスを受けられることも大きなメリットです。

 互助会に入会する際に気を付けるべきこととは?

 一番気をつけたいのは「解約する際に手数料がかかってしまう」ことです。中には、積立金の半分しか返金されないケースもあるといわれていますので、注意が必要です。

また、互助会で積み立てたお金は、実際に掛かる葬儀費用の一部に過ぎず、葬儀に掛かる全額をまかなえるわけではありません。希望する葬儀を行うために、数多くのオプションをつけなければならないケースがあり、近隣の葬儀の費用相場を上回る費用を請求される恐れがあります。

解約をご検討している方

 互助会を解約する理由として多くいわれているのが、「家族葬にするので大きな費用が必要なくなった」「毎月の支払いが大変」「積み立てよりも手元に現金化しておきたい」などの理由から解約を考える人がいます。他には、「コロナウイルスの影響で、旅行先やレストランなどの割引サービスが魅力的ではなくなった」という方もいらっしゃいます。

解約の手続き方法とは?

互助会の解約をする場合、窓口にお問い合わせ後、解約書類を郵送するか、直接窓口に出向く必要があります。その後、書類に署名捺印し、郵送または提出後、積立金が返金されます。なお、手続きには下記のものが必要となりますので、準備しておきましょう。

  • ・印鑑
  • ・会員証(加入者証)
  • ・振込先の口座番号
  • ・本人証明のできるもの(健康保険証、運転免許証など)

詳細に関しては、入会している互助会へお問い合わせをするか私たちさくらリビングへお問い合わせください。何度でも相談を承ります。

⇒互助会に関する相談はこちらから

 葬儀会社の会員制度とは?

 互助会制度とは異なり、支払いは一度です。金額は、3千円から3万円など葬儀社によって異なります。会員に入会すると、葬儀費用が3万円~15万円程度割引されることが一般的です。中には、仏具・仏壇などの葬儀後に必要な物の割引などの特典やレストラン・地域のお店の特典があります。他にも、定期的に開催される会員限定のイベントに参加することも出来ます。

入会のメリットは?

 先述の通り、葬儀費用の割引・供花供物の割引・地域のお店の割引・イベントへの参加が出来ます。

また、入会することで葬儀の準備から葬儀後に必要なこと、葬儀に必要な手続きなどについても、葬儀社のスタッフへ何度でも相談しやすくなります。スタッフと日頃から接することにより、いざという時に安心感を持つことができます。葬儀から法要まで準備することがたくさんありますので、このようなサービスがあると心強いでしょう。

熊本市で葬儀の会員に入会するなら

 さくらリビングでは、葬儀の会員制度「アルモ会員」をご用意いたしました。葬儀費用の割引はもちろんのこと、熊本市内にある提携店の特典・供花・供物の割引特典が受けられます。入会金は3,000円で、積立金・年会費は一切かかりません。詳細はこちらから

アルモ会員

互助会

会費

入会金3,000円のみ

月々数千円の積み立てが完納まで必要。

入会特典の状況

入会金をお支払いただいた時点

契約成立日(加入日)から、一定期間
が経過していない時点で特典を利用す
る場合、早期利用費が必要となる場合
がある。

解約の場合

入会金の返金はなし

解約手数料(契約者負担)が発生する

名義の変更

名義変更手数料は不要。

名義変更を希望の場合、名義変更手数料
が必要となる場合がある