熊本市における葬儀の事前相談について

家族や親族、親しい友人・知人を中心に、小規模で行う葬儀形式のことを家族葬といいます。故人様と生前に深い関わりのあった方とお別れを共有することで、充実した時間を過ごすことができます。「家族葬」には、はっきりとした定義はありませんが、参列人数は1~30名程度で、一般的な葬儀と同様にご僧侶をお呼びすることが多いです。

家族葬のメリットとは?

■費用・身体的な面から負担が少ない

少人数で行う葬儀ですので、必要な式場のスペースも小さくて済みます。そのため、式場利用料も一般葬に比べて安く済む傾向にあります。また、2020年から続くコロナウイルス感染拡大の防止策として家族葬を選ぶ方も多くいらっしゃいます。

■精神的な負担が軽くすることができる

一般葬を行った場合、大切な方を亡くしたにもかかわらず、一般の参列者に対して気を遣ったり、挨拶をしたりしなければなりません。家族葬を行えば、挨拶など一般参列者への対応で時間を取られないので、故人様と最後の時間をゆっくりと過ごすことが出来ます。

家族葬を行う上で注意すべきこと

■どこまでを親族とするか

家族葬を行う時に一番トラブルになりやすいのが、呼ばれなかった親族によるものです。どこまでを親族として葬儀に参列してもらうのかを明確にしていないことが少なくありません。そのため、生前に聞いておくか、親族としっかり話し合っておくことが大切です。

■遺族の配慮と周囲の理解が大切

家族葬でのトラブルを避けるためには、儀に参列しない親族や故人様の交友関係に最新の配慮しましょう。葬儀を行う前に、故人様の意志で家族葬を選ぶことを伝えて、理解してもらうことが大切です。また、葬儀とは別に故人様を偲ぶ会を行うのも1つの方法となっています。

迷ったら事前相談しましょう

葬儀を行うにあたり、もっとも気になることの一つが葬儀費用です。それは家族葬であっても同様ですが、葬儀費用の内訳を明確にした見積もりを提示しない葬儀社もあります。葬儀に必要な項目をしっかり押さえ、お客様のご希望にそったご葬儀をお手伝いいたします。吹田市で葬儀・家族葬を執り行いたいとお考えであれば、24時間365日ご相談を受け付けておりますので、ぜひ一度お問合せください。

事前相談の際には、以下の点に注意しましょう

■費用を必ず確認しましょう。

費用の相談をする際にその中に何の費用が含まれているのかを相談することが大切です。それ以外にも、追加になる可能性が高いものも聞いてきましょう。自分の希望する人数を呼んだ場合、どのくらいの費用になるのかなども詳しく聞いておくと後からトラブルになりません。

追加費用は何を追加するのか、その際のおおよその費用はどうなるのかが重要です。プランだけに注目してしまいますが、プランに含まれない項目についても聞き、費用は総額を念頭に置いておきましょう。

自分自身の相談であっても亡くなった場合は遺族となるご家族に任せますので、自分だけではなくご家族も一緒に相談しに行くことがおすすめです。費用面など詳細まで決めることによって、家族間のトラブルも避けることができるでしょう。

■近くの葬儀社のスタッフの対応や雰囲気を確認しましょう

他にも、事前相談では対面での相談も可能ですので、葬儀社スタッフの対応の仕方や雰囲気も一緒に確認できます。ホームページやパンフレットでは、希望に合うようなことが記載されていても、実際に相談してみたら思っていたものと違うということもあるかもしれません。また、式の細かい内容を決めることも可能です。例えば、どのくらいの花を飾るか?・どのようなBGMを流せるのか?など希望に沿ったオリジナルの葬儀をプラニングすることができます。

熊本市で家族葬の事前相談なら

熊本市で家族葬の相談をするなら、さくらリビングまでご相談ください。私たちのプロのスタッフが皆様のお悩みについて相談いたします。お気軽にお問い合わせください。